予防歯科 PMTC

定期的に歯のメンテナンスをすることで、歯を綺麗に維持できます

予防歯科・定期メンテナンス

予防歯科を継続すると長くご自身の歯で食事ができます

歯磨きを毎日していても、全ての人が虫歯や歯周病を防げるわけではありません。
また、歯周病の治療がひと段落した後も再発しやすい状態が続きます。

ブラッシングの仕方、歯の生え方、口腔内の細菌数や種類、唾液の量、歯の質、年齢 など… 虫歯や歯周病の発生には、多くの要素が関係していますから、患者さん一人一人によって違います。
全ての人が同じ方法で、効果的な予防はできないのです。

つまり、虫歯や歯周病を確実に予防するには、自分の病気リスクに合った、歯科医院での プロフェッショナルケア・定期メンテナンス と 毎日の適切なセルフケアを併せて行うことが非常に有効 です。

それが、医療法人社団 伸永会 が推進する、
予防歯科(PMTC Professional Mechanical Tooth Cleaning) なのです。

定期的にPMTCを受診することで、虫歯や歯周病を予防できることは間違いありません。 歳をとってから入れ歯にならないためにも、今から定期的にPMTCを受診されてみてはいかがでしょうか。

予防歯科を早く始めるほど、歯を残すことができます

治療を繰り返すことは、歯に大きな負担をかけ、歯の寿命は短くなる一方です。 一旦、歯を削ると、その歯の寿命は40年になると言われています。

つまり、
「歯が痛くなったから受診する」のでは遅すぎます。
「歯が痛くならないように受診する」ことが、一生涯自分の歯を残していくために重要です。


初期段階の虫歯や、歯周病は専門家でも分かりずらいです。
歯が痛いなどの症状が現れてから受診すると、かなり病気が進行してしまっているケースが多いです。
予防歯科を行うことで、初期段階での治療や早期発見による発症前治療が可能となります。

どのくらいのペースで受ければいいのですか?

虫歯や歯周病は自然治癒しません。 また、治療しても元の健康な状態に戻りません。 予防歯科 を行うことで、初期段階での治療や早期発見による発症前治療が可能となります。
特に 歯周病は全身疾患の要因 ということが近年の研究でわかってきています。
このような結果からも、予防歯科 を定期的に受診していただくことは非常に重要です。 【かかりつけ歯科医】に認定されている当院では、1ヶ月に1回の受診でも保険が適用 となりますので、積極的に予防をしていただくことをお勧めいたします。

当院では多くの患者さまが、1ヶ月に1回のペースで受診されていますが、患者さまの虫歯や歯周病への抵抗力や、治療にかけられるご予算によってペースは異なりますので、下記を目安にしていただければと思います。

受診ペース こんな患者さまにおすすめ
1ヶ月に1回
(年間12回)
虫歯や歯周病への抵抗力が弱い方
全身疾患・生活習慣病(高血圧、糖尿病、動脈硬化など)
毎日の歯磨きに時間をかけられない方
2ヶ月に1回
(年間6回)
虫歯や歯周病への抵抗力が通常レベルの方
※当院の大半の患者さまが該当します
3ヶ月に1回
(年間4回)
虫歯や歯周病への抵抗力が強い方
※ 上記は一般的な目安です。詳しくはスタッフへお問い合わせください。

1ヶ月に1回の受診がおすすめの方

以下のような方には1ヶ月に1回の受診がおすすめです。

  • 削ったり詰めたりしてある歯が多く、抜いた歯の本数も多い方
  • 重い歯周病がにかかっている方
  • 歯磨きが苦手な方

2ヶ月に1回の受診がおすすめの方

以下のような方には2ヶ月に1回の受診がおすすめです。

  • 削ったり詰めたりしてある歯が少なく、抜いた歯の本数も少ない方
  • 軽い歯周病にかかっている方
  • 歯磨きはしているが、上手に磨ける自信がない方

3ヶ月に1回の受診がおすすめの方

以下のような方には3ヶ月に1回の受診がおすすめです。

  • 抜歯や削ったり詰めたりしてある歯がほとんどない方
  • 歯周病の心配がほぼない方
  • 歯磨きの上手な方

予防歯科(PMTC)の効果

  • 虫歯の予防
    ミュータンス菌(虫歯)のバイオフィルムと(細菌膜)を破壊し、歯垢(プラーク)を除去します。 また、フッ素塗布などによって、歯垢が再び付着することも防ぐことができます。
  • 歯質の強化
    フッ素には歯の再石灰化を促進させる働きがあります。
    歯面清掃・研磨にフッ素入り研磨剤を使用したりするなどして、表面の歯垢を除去してから フッ素塗布することで効果を更に高めることができます。
  • 歯周病の改善と予防
    歯の表面や、歯肉との境目の歯垢を取り除くことで、歯肉の状態の改善や歯周病の予防につながります。
  • 審美性の向上
    通常の歯磨きでは落とすことのできない 茶渋・タバコのヤニ などの着色汚れを除去して、歯、本来の白さや光沢を取り戻すことができます。

あなたはこの現実をどう考えますか?
歯に対する価値観を変えなければ、歯の損失は防げません。

日本では、虫歯が悪化しないと歯医者に行かない人が多くいます。
しかし、アメリカ・スウェーデン などの先進諸国は全く違います。 歯科受診の中心が虫歯の治療でなく、検診なのです。

予防の意識が高い国では、歯が痛くなくても歯医者に行きます。 これによって最終的にかかる治療費も安くなり、一生涯 自分の歯で食事をすることが出来るのです。

予防中心と️治療中心の国。日本は先進国であるにも関わらず、かなり治療中心の国なのです
1グループ 既に80歳で20本以上達成している国 スウェーデン
デンマーク
フィンランド
2グループ 現在70歳程度で、15本以上残存している国 アメリカ
オーストラリア
オランダ
3グループ 現在70歳程度で、
10~15本残存している国
タイ
フランス
イギリス
4グループ ①現在70歳程度で、10本以下の国 イタリア
ドイツ
中国(上海)
②10本以上残存しても、
60歳を境に加齢につれて極端に減少する国
日本
5グループ 平均寿命が上がるにつれて
残存歯が減少するであろう国
インドネシア
カンボジア

健口(健康)な人は継続しています。
医療法人社団 伸永会 の予防歯科(PMTC)

デンタルフィットネスクラブ

当院を健口(健康)な人が訪れる歯科医院として、体を鍛える「フィットネスクラブ」を利用する感覚でご利用ください。

かかりつけ歯科医 に認定されている当院では1ヶ月に1回の受診でも保険が適用となります。 保険診療の範囲内で行う場合、患者様の負担金は、¥3,000~¥4,000ぐらいです。